2013~2014新幹線の年末年始帰省&Uターンラッシュの混雑予想とピーク

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Tweet

実家や田舎などから遠くに離れて暮らしている学生や社会人の方は、年末年始になってくるとど帰省方法を考えると思います。

そして簡単に予想することができるように皆一気にさまざまな交通手段を使って帰省するために混雑があります。

帰省ラッシュとUターンラッシュはお盆の時期、そして年末年始にはしょうがないものではあるますが、なるべくそれは避けたいものです。


帰省、Uターンの交通手段の一つとして新幹線を使うということがあるかと思います。

そこで新幹線の混雑予想やピーク、そしてどのような方法を使えばお得なのか調べてみました。


Sponsored Link


混雑のピークは何日?



f0120102_723382


昨年の帰省の参考として記事にはこんなものがみつかりました。

「JR東海」によると、29日午前10時現在、東海道新幹線下りの乗車率は「のぞみ」で110%~150%、「ひかり」で90%~110%、「こだま」で10%~70%となっている。下りは29日と30日、上りは来年1月3日にピークを迎える。


やはり大晦日にはゆっくりしていたいということで、30日をピークに徐々に乗車率が増えていっているようです。

これはUターンラッシュでも同じことが言えそうで3日にピークを迎えたのでその前後に混雑するようです。


ちなみに、来年の1月3日は金曜日なので4,5日が土日ということなので、3,4,5日と分散される可能性もあるので、前年よりは3日に集中するということはないかと思われます。


東北新幹線の帰省&Uターンラッシュはこのように書かれていました。

※本年が2012年度で前年が2011年度という意味ですね
1f2ce7297d8d5540d90c29653902f98f



新幹線の料金を安くすませるには?



JRには東日本、東海、西日本、九州、北海道、四国、・・・などに分かれているのでそれぞれによって、割り引きの形も違うようですね。


まずそれぞれに共通する割り引きからみてみましょう。


代表的な割り引きは学割往復割があります。

学割を使うと2割安くなり、往復割を使うと1割安くなります。

学割を使う場合は、学割証と学生証が必要、往復割を使う場合には片道が600キロ以上というのが条件となっていますので注意しましょう。


>>>JR東日本での学割と往復割の詳細


次に学割、往復割も使えない人のためにご紹介いたします。


まずはのぞみをご利用になる方の情報

のぞみの早得というのがあるそうで、ことらを使うとかなりお安くチケットが手に入ります。

b1e72437a061e0657c72094d0e88653d

のぞみなので東京ー博多間で移動される方にはいいですね。


>>>のぞみの早得



EXいっしょにお出かけ早特

こちらはJR西日本のキャンペーンらしく、名前から察することが出来る通り2名以上の申込で適用されるサービスのようです。

ebff7351401bb0db0f94f07de3eb4b6f

2名以上で帰省されるというと家族連れの人にピッタリですね。


>>>EXいっしょにお出かけ早特



東日本の方についてはスーパーモバトクがオススメです。

28081619b78a3ae57104ebcf04719e2d

>>>スーパーモバトク


こちらをご利用になるためにはモバイルSuicaの会員登録とクレジットカードの登録が必要です。

しかも年会費が1000円かかるようです。


しかし、1000円を出してもスーパーモバトクを使ったほうがなると思いますし、会員にはお正月限定のスーパーモバトクも利用できるそうです。

0fc79408ab4020a2f25435b85def417a

1日、2日しか利用することはできませんが、これを使って移動したい人にとって見れば、かなりお得な情報ですよね。


>>>お正月限定のスーパーモバトク



うまく乗車券を買うことができなかった人は、自由席に乗る可能性が高くなりますが、そんなかたはこちらが参考になるかと思います。


>>>【NAVERまとめ】混雑する新幹線自由席に座るコツまとめ 

なぜだかわかりませんが、毎時0分、30分などの切りの良い時刻に発車する列車は混雑しており、07分、39分発など始発でも区切りの悪い時間発の列車は比較的空いていることがあります。

なるほど・・・


帰省ラッシュもUターンラッシュも早めのご予定が大切になってくるかと思うので、ご参考になさってください!


以上、最後までお読みくださってありがとうございました!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ



无觅相关文章插件,快速提升流量