【2014うお座の運勢】石井ゆかりの上半期・下半期占い~自分と他の関係性を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

2013年のうお座の方は強力な星回りの年であったということで、自分の実力を存分に発揮できた年なんじゃないかと思います。

それは自分に運が回ってきたというよりは、自分の実力、つまりもともと持っている潜在的な力を発揮できたとう意味だと思います。



そのような力を発揮できたということは、それなりに自分のエネルギーを多く使ったということだったので、大変な年だったのかもしれませんね。

それでは2014年はどのような年になるでしょうか?



石井ゆかりさんの占いをもとに私なりに分析してみたいと思います。


2014年うお座上半期の運勢



sozai_5837

うお座の方の上半期の運勢ですが、石井ゆかりさんに言わせるとこんな感じらしいです。

うお座の2014年前半は
「愛と欲望」がキーワードとなっています。

なんともドラマチックなテーマですね!

どういうことなのでしょうか?

こんなニュアンスで石井ゆかりさんは表現していました。

自分と愛する対象の境界線が薄れ、消滅するような体験です。

このセリフだけを聞くと、ほんとドラマチックだし、多くの女性が求めることなのかもしれませんね。

しかし、このことは良いことでもあり、その結果、悪影響を及ぼすこともありそうなんです。



というもの、自分と対象の人(物)との境界線がなくなり、一体になり新しい世界になるということは以前の世界がなくなること意味します。

よく耳にする「何かを得れば何かを失うことになる」という意味なのかもしれませんね。



しかし、こうなることの結果が重要ではなく、これらのことがあるお陰で自分自身の心の成長が得られるそうです。

自分を少なからず変えてしまうような
「心の旅」をすることになるはずです。

「最中」のうちは何のことなのか意味がわからないのかもしれませんが、上半期が終わったら「あ、こういうことだったのか!」と納得できるのかもしれませんね。



続いては下半期の運勢です♪




2014年うお座下半期の運勢



それでは下半期はどのような運勢になるのでしょうか?

2014年後半は、
一転して「自分の役割」に軸足が移動します。

上半期は自分と他人の境界線を消すことになると言ってましたが、まったく逆の姿勢で過ごさなくてはいけないということなのかもしれません。

その役割というのも、今までの役割よりもさらに、大きな役割となるということもポイントです。



人は成長するにしたがって、少しずつ大きな役割、少し困難な役割が与えられます。

その役にハマることによって、さらに自分という存在を大きくする作業が与えられているのでしょう。



どうやら、この流れというものは2015年の前半まで続くということです。

恋愛でも仕事でも趣味でも・・・新しい役割というと最初は背伸びしながら、徐々に自分をその役割にフィットしていくという流れになるのだと思います。



役割を行うということは、つまりなにか大きなプロジェクトの一つ役員ということなのかもしれません。

その役割を行うことで、自分が行く先はどこに向かうのかを見定めておくことは大事でしょうね。


2014年はうお座のまとめ



■上半期は自分と対象の人(物)との境界線を失くすことで、生まれている問題は自分にとってどんな意味なのか考えてみましょう。

■下半期は逆に自分の個を意識しましょう。自分の個がどこに向かうことになるのか把握しておきましょう。



上半期と下半期では全く正反対の心構えをしなくてはいけないことを意識したほうがいいでしょう。

しかし、その上半期と下半期の繋ぎ目は必ず関係すると思いますので、その時期は慎重に過ごしたいものです。



2014年、うお座の人にとって素晴らしい一年になりますように!


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量