【2014みずがめ座の運勢】石井ゆかりの上半期・下半期占い~成長を感じられる年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

2013年度はみずがめ座の人は充実した年になったと石井ゆかりさんは言われています。


それは明確な力を発揮する場所や目的が明らかになっていることと関係しているようで、それが形にみえる「結果」として表れるのだそうです。



自分の目標があってそれに向かって突き進んでいはいるけれども、それは本当にその目標に向かっているのか?または問題が解消されているのかわからないときは多くあるかと思います。



しかし、2013年度のみずがめ座の方にとってみれば行動を起こすことが、=前進していることに直結していると実感ができる年だったのかもしれませんね。

いかがだったでしょうか?

sozai_5774

そして2014年、上半期、下半期はどんな年になるのか?

石井ゆかりさんお占いを元に自分なりに考えてみました。


2014年上半期みずがめ座の運勢


石井ゆかりはみずがめ座の2014年の上半期の運勢をこのように語っています。

みずがめ座の2014年前半は、
「自分が担うべき役割、義務、専門性」
がテーマとなっています。

これは学校でも会社でも家庭でも通じることでしょうね。



何かを考えてから学ぶというよりも、まずは何かをはじめてその中で様々ことを学ぶというプロセスを辿るようです。

その結果上半期で大きな成長を遂げることができるそうです。



よく言われることが、計画は100%立ててから行動するのではなく、見切り発車くらいがちょうどいいと言われています。

100%なんてたてることはできないし、「できない人」に限ってはじめから完璧にしようと心がけます



インプットとアウトプットは同時に行うべき、という考え方にも似ているのかもしれませんね。

ここでは何かをしながら(アウトプットする)、何かを学ぶ(インプットする)ということだと思います。




ここでの行動を続けているうちに、自分しかできない個性も徐々に明らかになるということなので、上半期が終わることには周りを見渡す景色が少し変わっているといこともあるかもしれませんね。

sozai_4131

2014年下半期みずがめ座の運勢


下半期になってくるとどんな運勢になるのでしょうか?

年の後半になると、
「出会い」の季節の到来です。

石井ゆかりさんは一言で言うと「出会い」というキーワードで説明をしています。



もしかしたら、占いが好きな方にとって、もっとも喜ばしいフレーズというのが「出会い」というものなのかもしれませんね(笑)

出会いというからには異性と、心が通じ合う友人と、信頼が置ける人と・・・などがあるかと思います。



もちろんそのような新しい人との出会いもあるのですが、今までですでに出会ったっていた人と仲が急激に良くなることもあるのだそうです。

片思いを寄せている人がいる場合は「あの人との関係」を想像してしまうのではないでしょうか?



しかし、出会いと言ってもあまり好ましくない出会いというものあるため、この辺に関しては詳しく説明されていなかったので謎な部分は残ります。

それは少し気にかかるところですが、一期一会の気持ちを忘れずにいればどんなものでも自分にとっても相手とっても有意義な出会いということになるのでしょう。



自分の心持ち次第ということもあるのでしょうね。


2014年、みずがめ座のまとめ


■上半期は自分が行動を起こした軌跡から学ぶことが多い期間

■下半期は出会う人によって生活が大きく左右される期間




上半期は自分が自ら動くことで、下半期は誰かとの関わりよって「自分が変わる

年間を通して自分自身の成長が手に取るようにわかる年になるのかもしれません。
しかし、成長には苦しいことや辛いこともあるかと思うので、慎重に前に進むことにしましょう!


みずがめ座の方にとって素晴らしい2014年になりますように!



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量