【2014やぎ座の運勢】石井ゆかりの上半期・下半期占い~他人と共に成長する一年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

2013年のやぎ座の方は「自分自身が大きな力をもっている」ということを自覚できる年、と石井ゆかりさんはおしゃっていました。

大きな力をもっているということは、それだけ他者に対しても影響力を持つということです。



そんな時はコミュニケーションが一方通行になるケースが多いのですが、不思議と他者に対しても耳を傾けることができることが多かったようです。

自分自身の力が大きくて、しかも相手からの声もしっかりと聞くことができるようになるなんてその相乗効果でさらに、自分の力の大きさに拍車がかかるような気がするのですが、いかがだったでしょうか?



様々な場で自分が主人公になるケースももしかしたら多かった年ともいえるのかもしれません。

sozai_5720

そんなやぎ座の方は2014年はどのような年になるでしょうか?

石井ゆかりさんの占いをもとに自分なりに分析してみようと思います。


2014年上半期やぎ座の運勢



石井ゆかりさんの予想ではこう書かれています。

やぎ座の2014年前半は、
「人間関係の開拓」と「チャンス」がテーマです。

どうやら、人間関係という意味では2013年の後半から徐々にそれは始まっているようでそれは2014年上半期にもつながる・・・という意味らしいです。



それは単純に気の合い友達や運命の出会いはもちろんなんですが、お互い良くなるという意味でもライバルが現れるという意味でもあるそうです。

敵対心をもつことはあまりよろしくないとも言われていますが、そのことによってお互いを成長させることができるのであればそれは素晴らしいことですよね。




しかも、その結果・・・

こうした関わりの中で、貴方は熱いチャンスに挑み、
夏までには見事、勝利を収めることができるでしょう。

この場合はどんな意味での「勝利」なのかはその時になってみないとわからないことなのかもしれまえんが、何かを手に入れられることは間違いなさそうです。

だからと言って、何もしないで結果だけを待つということでは決してないかと思います。



得られるものが必ずあるから、その結果を得られるまで、全力で「人間関係の開拓」そしてその中で生まれる「チャンス」をものにするために頑張る・・・こんなスタイルが大事なのかもしれません。



「開拓」「チャンス」どちらも希望に満ち溢れる言葉ですよね。

単純に楽しみだと解釈してもいいのかもしれません^^


2014年下半期やぎ座の運勢



sozai_4128

2014年後半は、
「自分一人ではできないこと」
に軸足がうつります。

2013年ではどうしても自分が主役で物事を行うという意味でした。(この事自体はいいことなんだと思います)

しかし、2014年下半期に入ってくると誰かの力が必要になってくることが大きくなリそうですね。



「自分」と「他人」という境目をなくしたほうがいいらしいです。

人は一人では行きていけないという言葉は今までに何度も耳にした言葉ではありますが、それをより多く感じることになるのかもしれませんよね。

それはきっと「あなた」だけではなく、それに携わった「相手」にとってもプラスになる出来事なのでしょう。


2014年やぎ座の運勢のまとめ



■一年を通して他人との関わりがポイントになってくる

■他人と関わることで、自分、そして他人がプラスになる結果がついてくる




生きてく上で人間関係が大事なのはわかっていると思うし、そこから抜け出すことはきっとできないことでしょう。

人間関係=ストレス、と思う人は多いとは思いますが、どれだけ人がいることによって自分自身プラスになることが多いのかということをもう一度考えてみたいなと私自身思いました。



やぎ座の方にとって素晴らしい2014年になりますように・・・



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量