【2014さそり座の運勢】石井ゆかりの上半期・下半期占い~今を変えるために旅の年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年という年は石井ゆかりさんから言わせると、何か大事なことを引き受けるという年になっていたそうです。

それは「使命」という言葉で使われていたように、さそり座の人の今後の行く先を決めることになるようなとても大事で大きなもののように思えます。



具体的には人それぞれで、その人にとっての「使命」も違うのでしょうが、2014年以降に影響するであろう出来事が起こったのだろうと推測されます。

そして、その「使命」が分かったと同時に、自分の実力のなさというものにも痛感したそうなので、それを補うために実力をつけるという年でもあったそうで。

この流れは2014年まで続くのでしょうか?

sozai_5727

私の尊敬する石井ゆかりさんの占いを参考に、分析してみたいと思います。


2014年上半期、さそり座の運勢



石井ゆかりさんに言わせると上半期の運勢はこのようになるそうです。

さそり座の2014年前半は、
とても広い意味での「旅」がテーマとなっています。

「広い意味での旅」という言葉が意味深な感じがします。



旅というと現時点から、どこかへ、何かをするために動くということです。

そこで広い意味という言葉が付け足されるのですが、それは「タイムマシーンのように過去や現在にまたがって旅をする」というようなことをいっておられます。



この言葉を聞いても、私自身まだうまく咀嚼されない感じもしたのですが、おそらく過去にあった出来事を今変えるため、あるいは未来のために今を変える・・・という意味につながるのだと思います。



過去に上手く生産されず、自分のなかで悶々としていたこと、わだかまりが解消されるチャンスが巡ってくる。

未来を理想の現実とするために今ある自分を変える。

「今現在」を中心にしながらも、過去や未来に動いて、現在を見据えてみる・・・ということなのではないのでしょうか?



細かく言ってしまえば、今この瞬間の自分の言動は、過去や未来に間接的でも影響はあるのだと思うのですが、もっとより直接的になるような考えをする年になる・・・こういう解釈かなと思いました。



また、長いこと解決できずにいた慢性的な問題を
ここで、一気に「昇華」することもできるかもしれません。


これは過去ことについて言っているのですね。

上半期に体験することは過去をフラットの位置にもってきて、未来につながる現在を作る、そんな時間になりそうですね。

sozai_5460

2014年下半期、さそり座の運勢



さて、後半はどのような占いになっているのでしょうか?

2014年後半になると、
こんどは非常に具体的な「目標」が視野に入ります。

上半期の抽象的な表現から、今度はハッキリとした形ができてくるという話に変わってきますよね。



これを見た時私は上半期は目には見えないけれども大きな心の変化があって、下半期は現実的な変化がやってくるということだと思いました。

誰にでもすぐにわかる変化というと、下半期の変化のなのかもしれません。



どうやら、この流れというのは2014年の後半から2015年の前半にまたがってくるものと言われていますので具体的な行動が必要になってくるものだと思います。

2014年の年末には
不思議な解放感を感じる人も少なくないかもしれません。
過去二年にわたる努力が報われるような、
美しいタイミングです。

不思議な開放感という響きはワクワクしますね^^

しかも、過去二年間の努力が報われる・・・ということで嬉しいことですね。



今までは何のつながりなのかさっぱりわからなかった、ということも、「あの時の出来事は今のためにあったんだ・・・」と思う瞬間がやってくるのかもしれませんね。

2014年てさそり座のまとめ


■上半期は今現在のことを考えならが、過去のことや未来のことを考えてつなげてみる

■下半期は目にわかるような新しい物事のスタートになる



なんとなく過ごしてしまうと、一年間に何が起こったのかさっぱりわからかった、という感想を持ってしまうと思うので、ぜひ意識をしながら生活をしてみましょう!

さそり座の方にとって素晴らしい一年になりますように・・・



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量