【2014蟹座の運勢】石井ゆかりの上半期・下半期占い~壁と向き合う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年蟹座の方は上半期は「誰かのため」という意味合いが強かったようですが、後半に入ってから「自分はどうすればいいのか」という考えにシフトしていった時期であったようです。



その問いに対して答えが出てる人はすでに心は固まっているかと思いますが、まだ答えが出ていない人というのは、大きな壁にぶつかっているのだろうと思います。



もともと双子座の人は自分の感情に従って行動する人が多いようなので、自分気持ちを見つける人が上手なのかもしれませんが、それでも自分の進む道がわからないというのは辛いかもしれません。

sozai_5836

石井ゆかりさんが言うにはこの気持は2014年の前半まで続くようなので、しっかりと悩みつつも前に一歩一歩前に進むのがいいのかもしれませんね。

それでは石井ゆかりさんの占いを参考に蟹座の方の運勢を分析してみました。


2014年蟹座の上半期の運勢は?


まず上半期なんですが、石井ゆかりさんに言わせるとやはり去年からの流れがつづくようですね。

前半は2013年後半に引き続き、
スケールの大きな「自己変革」を続ける人が多いでしょう。

多くの人が「自分を変えるためにどうすればよいのだろう?」という渦の中で暮らしているのかもしれませんね。



よく捉えれば、ようやく気づきだしたタイミングが訪れた、自分の間違っていた方向を訂正する時期、ということが言えますね。

それらを考える出来事というのにすでに遭遇しましたか?



まだ遭遇をしていないという方はこれから、自分を変えるきっかけとなる出合いが2014年の上半期のうちにでてくるのかもしれません。



このような変革の時期というのは不安がつきものだし、安心する方向、ラクな方向に安易に傾きやすい時期でもあるかと思います。

そうならないためにも、しっかりと自分を見つめながら過ごす時間というのは大事になってくるのではと思います。



それに、蟹座の方は前半をがんばった分、後半はいろいろなことが上向きになってくるようなんですよね・・・

sozai_4120

下半期の運勢は?



2014年後半、「軌道に乗せる」段階に入っていきます。

石井ゆかりさんは「軌道に乗せる」という言い方は使われていました。

何を軌道に乗せるのか?」・・・それこそが上半期で自分自身が見つけることができたものではないかと思います。



それまでの不安定な時期から解放されるのは嬉しい事ですが、ここからが勝負ということにもなりそうですね。



その時期には具体的に経済的にも上向きな傾向であるといも言っておられます。

変革の不安定感から「根を下ろす」安定感へと
生活の雰囲気も変わっていくはずです。

もちろん、2014年の上半期をおろそかにして、我慢や忍耐をしてもおそらく自己変革ということは難しいと思われるので、いかに上半期で自分自身を見つめることができるかがポイントとなりそうです。



つまり2014年に蟹座の人にとってみればターニングポイントとなる部分というのがあると解釈できるのでは?

何年後かに振り返ってみれば「2014年は転換期だった」と言える時がくるのかもしれません。


2014年蟹座のまとめ



■上半期にしっかりと自分自身をみつめ一つ答えをだしましょう

■だからといって下半期をおろそかにせず、答えにそって一つ一つ努力と行動を続けましょう



すでに2014年後半以降のことを念頭に入れて、その時期まで逆算をしながら行動するのがいいのかもしれません。

運気というのは誰にでもあるもので、蟹座の人は後半に伸びるという運勢があることですし、これをそのままにしておくのはもったいないと思います。



ぜひともより良い一年を過ごすためにも、上半期でしっかり悩むことにしましょう!



あなたにとって良い一年でありますように♪



それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

无觅相关文章插件,快速提升流量